ネアリア・ウーノス

提供: ネアリア叙事詩wiki
移動先: 案内検索

ネアリア・ウーノスNerlia Unos, 竜帝歴181年 -)は『ネアリア叙事詩®』の登場人物。ウーノス王国第8代国王として王位を継承する。

父はネルリ・ウーノス竜帝歴196年没)

obj_charactersImg1.png

生涯

誕生〜王位継承

兄弟はなく、幼い頃から将来王位を継承することを想定した教育を受けて育つ。

ウーノス王家の女性は初代王妃マリアが作り出した「双竜剣舞」を代々受け継ぐため、ネアリアも幼い頃から剣術を身につけている。

竜帝歴196年、父であるネリルが死去したため、15歳という若さで王位を継承する。

ネブリギ砦の戦い

翌197年、グルムムンドで、執政司祭グラードスによるクーデターによって、皇帝以下、グルム血統の成人男性が暴走竜化する事件が勃発する。 グルムムンドの都は暴走竜により破壊され、住人達は隣国ウーノスの国境にあるネブリギ砦に身を寄せる。難民の中には皇帝の弟であるルクス皇子の姿もあった。 ルクスは当時12歳だったため、暴走竜化することはなかった。(三ツノ国の成人は15歳である。)

ネアリアは王女としてネブリギ砦の攻防戦に巻き込まれてゆく。

ネアリアの竜退治

暴竜化したグルムは、グルムムンドを破壊し尽くすと、ウリザ山脈へ姿を隠した。

ネアリアは幼飛竜ジンとともに、グルム退治の旅に出る。

獣人戦争

100年周期で力を増すの勢力。 竜帝歴199年、三賢竜うちのニ竜を失った人間たちは獣との戦争を予見する。

ネアリアは人の王として、の軍勢と対峙してゆく。