エレーラ

提供: ネアリア叙事詩wiki
移動先: 案内検索

吟遊詩人。世襲制であり、吟遊詩人の一族が三ツノ国を往訪する際に必ず名乗る名前である。

何代続いているかなどは全く不明である。

竜帝歴199年頃は若い女性がエレーラを襲名している。

ミミィ族とも深い関係があるようで、ミミィ族の旅団に同行しながら詩の伝承をすることもしばしばある。


伝承

三賢竜の詩

obj_storiesImg1.png
 日照らすところ 人あり       

 月照らすところ 獣あり     

 日と月 人と獣の時を分かつ 
 
 
 月の獣 日を知らず        
 
 力強き牙と爪 人の地を侵す   
 
 力弱き人の群れ 創世の神頼る
 
 
 選ばれし三人の男          
 
 男神アレル与し 神の知恵    
 
 女神アルマ与し 竜の力   
 
 
 竜となりし三人 月の獣を退け    
 
 再び 日と月 人と獣の時分かつ 
 
 三賢竜 三ツノ国の王となる 
 
 三ツノ国の王となる・・・